SITE NAVI
注目!交通網を知り尽くした配送の達人

配送のお仕事はまず交通状況把握から。

以前、海外の大手有名配送センターのドライバーに聞いた話です。
その国は赤信号でも右折してよい、という交通ルールがあるので、配送時にはなるべく右折の道を選んで配達に行く、といっていました。
左折のレーンに並んでしまうと、信号待ちで5分は損をするので、右折のレーンに並ぶ事で、赤信号でも右折は許されているので、一々信号待ちをせずに、配達時間が短縮できるから、だそうです。
中々すばらしいアイディアだな、と思いました。
また重たい荷物や大きな荷物があるときは、予め配達先に連絡をしておく、というのも効率よく、スピーディに荷物を配送するコツだそうです。
そうでないと、重い荷物を載せたりおろしたりしながら、時間のロスをしてしまい、時間内に全部のお客様に品物を確実にお届けできなくなってしまうので、少しでもお客様の希望配達時間を把握してしっかり届けるために、ちょっとした努力をしているとのことでした。

また把握、といえば、交通網の把握は勿論のこと、道路の工事状況や、迂回ルートなども常日頃から研究しておくと、スピーディな配送ができ、効率化につながると思います。
4月頃になるとやたらと道路工事が多いですから、折角慣れ親しんでよくわかっている道順でも、その道が工事中で使えない、なんていうことが多々あります。
こんな時、渋滞にはまっていては、効率のよい配送は行えません。少しでも早くにたくさんの荷物を配送するためには、安全運転も勿論ながら、ある程度、配達地域の道を把握し、状況をしっかり理解しておく必要があると思います。
突然効率のよい配送なんてできるわけはありませんが、日々のこうした努力が、積もり積もって、どんどんと効率のよい配送ができるようになっていくわけです。