SITE NAVI
注目!交通網を知り尽くした配送の達人

本土と沖縄の交通事情や配送料金の違い

私の住まいは日本の離島、沖縄県です。
出身は本土の大阪府。大阪府と言えば何の不便もなく欲しい物がすぐに手に入る便利な環境。ということに気付いたのはこちら、沖縄で生活をするようになってから。だって、離島なんだもの。本土発着の配送は陸便はなく、航空機か船便。船便なんて1週間かかりますよ〜(笑)台風なんて来た日には交通状況が乱れまくりでいつ届くかわかりません。

おしゃれな洋服や靴なんかのお店も大阪に比べれば少ないので、ネットショッピングで探すこともあります。
こちらに来て間もない頃、これいいな、こっちもいいな、と洋服をあれこれ買い物かごに入れてイザ注文手続きっ!て時に衝撃が走りました・・。「沖縄、離島への配送は別途追加料金」という赤文字が。通常配送料金にプラス1200円とか。もう1着買えるわ!!とつっこみたくなります。
今ではまず、全国どこでも一律料金の確認をしてから商品を選んでいます。
中には沖縄への配送不可、なんてところもありますしね。本土〜沖縄間の交通機関の移動距離が長いとはいえど、なんとかならんのかね〜、と毎度感じております。

あと、沖縄県内に到着してから手元に届くまでも時間がかかっている模様。交通マナーがなんとも独特なオキナワンドライバー達。大阪にも負けず劣らずの渋滞があちこちで起こっていまして。狭くて坂道なんてところも多く、配送のトラックは大きめなぶん身動きも取りにくいんでしょうね〜。ま、配送会社によっても早い遅いはありますがね。本土と沖縄、こうも違う交通格差。住んでみて分かる現実です。